浚渫 事業 緊急 推進

その記事をお送りします。 )が取りまとめられた。

7
浚渫 事業 緊急 推進

事業は2024年度までの5年間の予定で、事業費は計4900億円を見込む。 以下「3か年緊急対策」という。 令和2年度は森林環境譲与税を400億円確保(前年度の200億円から倍増)するとともに、令和元年度の交付税特別会計における借入金200億円を償還することとしている。

20
浚渫 事業 緊急 推進

政府が20日に閣議決定した当初予算案で900億円を計上した。

6
浚渫 事業 緊急 推進

また、大規模災害からの復旧・復興事業等を支援する中長期の応援職員派遣については、これまで、総務省、全国市長会及び全国町村会による中長期の職員派遣スキームや全国知事会による広域応援協定等に基づき行われているが、被災地方公共団体からは、専門知識と経験の観点から土木技師、建築技師などの技術職員の中長期派遣を求める声が多いものの、恒常的に不足している状況にある(必要数1,542人に対し、充足数688人(平成31年4月1日時点))。

浚渫 事業 緊急 推進

3 地域の安全・安心の確保 近年の豪雨、台風、地震など、我が国は、気候変動の影響等による気象の急激な変化や自然災害の頻発化・激甚化に直面している。 事業期間は20年度~24年度の5年間。 来年の通常国会に地方財政法改正案を提出し、土砂の浚渫(しゅんせつ)を地方債の起債対象にする一方、起債額の70%を地方交付税で措置する。

7
浚渫 事業 緊急 推進

事業は2024年度までの5年間の予定で、事業費は計4900億円を見込む。

14
浚渫 事業 緊急 推進

同事業は昨今頻発する豪雨災害を踏まえ、地方公共団体が緊急かつ集中的に浚渫事業に取り組み危険箇所を解消できるよう、総務省が2020年度に創設したもの。 右の画像をクリックすると、9ページが表示されます。