所 小石川 養生

第3回ゲスト出演者 佐八(鶴見辰吾) 長屋に住む大工で、労咳を患った病人。

所 小石川 養生

当初は薬草の効能を試験することが密かな目的であるとする風評が立ち、またと同等の扱いを受けるのを嫌われ利用が滞った。

12
所 小石川 養生

度重なる感染症の流行とそれを克服してきた歴史だけでなく、ずっと昔でさえ、困窮した人々に支援を惜しまなかった歴史にも目を向けたい。 江戸には小塚原と鈴ヶ森の二つの刑場があり、ほかに小伝馬町牢獄、日本橋の晒し場やキリシタン屋. 関東大震災の際には飲料水としても利用された、歴史の古い井戸です。 その起源は飛鳥時代までさかのぼり、聖徳太子だという説もあります。

2
所 小石川 養生

当初は赤ひげに反発を覚え、早く養生所から脱出したいと目論んでいたが、次第に信念を持って医療に携わる赤ひげの姿に惹かれていく。

1
所 小石川 養生

保本はちぐさの裏切りが許せずにおり…。 小石川植物園に勤務する分類学者から、薬用植物に関する知見を披露していただいた「小石川植物園に行って教授に訊いてきた『薬剤師にしか通じない話』」。 利発でハキハキとしたちぐさとは対照的に、おっとりと思慮深い女性。

所 小石川 養生

東国で新王を名乗り朝廷に逆らう平将門には七人の影武者がおり、弓を放っても本人には当らず。 これらの町医者のなかには、養生所勤務の年功により幕府医師に取り立てられるものもあった。

19