工房 青谷 和紙

戦後、それまでの主力製品であった事務用薄葉紙、障子紙等は事務機の台頭や生活様式の激変で壊滅的な打撃を被りました。 貴重な産品として鳥取藩の手厚い庇護を受けていたことは、紙すきの労働唄として江戸時代から代々伝わる「紙すき唄」でも伺い知ることができます。

6
工房 青谷 和紙

料金 A3サイズ・・・500円(20枚以上の団体の場合は400円) A4サイズ・・・400円(20枚以上の団体の場合は320円) はがきサイズ・・・300円(20枚以上の団体の場合は240円) 上記金額は一枚当たりの金額(税込)です。

13
工房 青谷 和紙

唄の中に、 因州因幡の手すきの紙は 殿の御用でおさめ紙 因幡手すき紙お殿様に納め 蝶の御紋を許される と唄われているように鳥取藩の御用紙として庇護を受けていたことを伺い知ることができます。

19
工房 青谷 和紙

メニューには、珈琲やカフェ・オレ、紅茶以外にも、りんごジュースやミックスジュース、クリームソーダなどの種類豊富なドリンクメニューもありました。 お店の入り口前には、手作りの雑貨もたくさん販売されていました。 因州和紙の起源は定かではありませんが、8世紀半ば奈良時代の正倉院文書の中に因幡の国印が押されたものが発見され、正倉院に保存されています。

5
工房 青谷 和紙

素材感を活かした自然美のデザイン性が、見る人の心を和ませてくれます。 申込方法 - 備考 -• 因州和紙の歴史と伝統 因州和紙の歴史 因州和紙は古くから鳥取県東部の旧国名、因幡の国で生産される手すき和紙の総称であり、現在、鳥取市佐治町(旧八頭郡佐治村(やずぐんさじそん))と鳥取市青谷町(旧気高郡青谷町(けたかぐんあおやちょう)の2ヶ所で受け継がれています。

工房 青谷 和紙

明治時代に入ると県の指導により和紙の原料となる三椏栽培に力が注がれるようになり、近代的な紙の漂白技術の導入、他県から技術導入した合理的な生産方式などとあいまって、因州和紙を製造する工場数は江戸時代の約500から、1300以上に増加して、生産が飛躍的に向上し、その勢いは大正末期まで続きます。 鳥取県青谷町 墨流し実演 風呂先屏風(紫~赤系) 寸法 半懐紙 (25cmx37cm) 仕様 本鳥一号. 子供が楽しめる絵本やオモチャもいっぱいあり、小さな子と一緒でも利用しやすいです。

5