エンゼルス アスレチックス 対

Eddie Plank• オー・ドットコー・コロシアム 2011年5月 - 2015年• この年久々に88勝を挙げてシーズンを勝ち越すと、からに6年連続90勝以上、3年連続100勝以上を挙げるチームになった。 それまで、MLBでもユニフォームといえば白・グレー・黒だけだっただけに、当時としては極めて斬新であった(のちにはグリーンのユニフォームを採用)。

16
エンゼルス アスレチックス 対

1981年は前後期制が導入され、前期は31勝29敗で4位だったものの、で短縮された後期には20勝30敗で最下位に沈んだ。

18
エンゼルス アスレチックス 対

2点を追う四回2死一、二塁で迎えた大谷の第3打席。

エンゼルス アスレチックス 対

1986• Ty Cobb• 肘の手術以降初めての登板となった先月のオークランド・アスレチックス()戦では、単打3本と3四球を与えて降板し、チームも4-6で敗れた。 Lee Smith• 10月22日にが監督に就任した。 1-4と逆転した後、2死二塁から2番トラウトが申告敬遠された一、二塁で打席に入り、2球目のスプリットを一塁方向へのゴロ。

16
エンゼルス アスレチックス 対

さらに九回、2死一塁からガルノーがサヨナラ適時二塁打を放ち、4時間13分に及んだ熱戦に終止符を打ち、連敗を2で止めた。

エンゼルス アスレチックス 対

47 (2018年) エンゼルス野球殿堂 [ ] 1988年に設立され、14人が殿堂入りを果たしている。 同年にはが47本塁打を放って本塁打王に輝いている。

エンゼルス アスレチックス 対

捕球した一塁手からトスされた投手と競争になったが、間一髪セーフ。

5
エンゼルス アスレチックス 対

では3年連続でレッドソックスとの対戦となったが、3連勝で2007年&2008年の雪辱を果たした。 1970年代にはオーナーの奨励で選手達が揃って長髪に口髭を蓄え、「マスターシュ(口ひげ)・ギャング」として恐れられた。 球団の歴史 [ ] 球団創設 [ ] 戦前までMLB球団はに集中していたため、などの大都市を抱えるへのMLB球団の移転の話はたびたび持ち上がっていた。

17
エンゼルス アスレチックス 対

リーグ優勝 15回• 1972• 52 打撃補佐• 時を同じくしてチームには若手が次々と台頭し、、、とチームは3年続けて新人王を輩出する。 1点先制後の一回1死での第1打席で、大谷は先発右腕・ソリア相手にカウント1-2から外寄りの変化球に空振り三振に倒れた。

18