意味 狼狽

これが「狼狽」の語源だというのですが、こじつけの感じもします。 この記事では「周章狼狽」の意味や英語・類義語や例文を用いた使い方をご紹介していきます。 まとめ• このような出来事に遭遇した時はできるだけ冷静になることが大切ですが、中々そのようなことは不可能かもしれません。

意味 狼狽

双声の漢字は、になることが多いのです。 「狼」は前足が長くて後ろ足が短く、「狽」は逆に前足が短くて後ろ足が長いとされ、「狼」と「狽」は常にとも行動し、離れると倒れて動けなくなります。 その他にも、「株が値下がりしても狼狽売りは禁物だ」「悪事がばれて周章狼狽し逃げ出した」「意外な反応に狼狽の色を浮べた」「予想外の質問に対し狼狽気味に答えた」「見かけによらない美味しさに狼狽した」などがあります。

20
意味 狼狽

何度も狼狽売りを繰り返して後悔しないためにも、しっかり損切りラインを決めておき、むやみにルールを変えないなどの対策を行い、冷静な判断で狼狽売りでの失敗を防ぐように心がけましょう。 「狼狽」の同義語に「周章(しゅうしょう)」という語句があります。 この価格以下になったら売る・この価格以上になったら買う)を設定したら、 簡単に変更しないことが大切です。

7
意味 狼狽

(出典:大辞林 第三版) ・ 紛糾( ふんきゅう) 意味:乱れもつれること。

6
意味 狼狽

この言葉がよく使われる場面としては、ゆれ動くこと、平静を失うこと、秩序を失うことを表現したい時などが挙げられます。

意味 狼狽

この記事を書いた人 ファイナンシャルプランナー 児玉一希 プロフィール・所持資格 日本ファイナンシャル・プランナーズ協会が定めている、ファイナンシャルプランナー技能士の資格を有し、当サイトの監修活動を始め、相場情報のまとめやコラムを寄稿する活動なども行なっている。 「狼狽」は名詞ですが、「狼狽する」と動詞として使うことも多いです。

意味 狼狽

狼狽の例文 5.世界の金融市場には動揺が走り、各国の株式市場では歴史的な下げ幅を記録した。 歩けずに慌てふためく様子から、「不意な事に慌てる」という意味で「狼狽」が使われるようになったのです。 よく分からないまま様子見を続けて損が膨らんでしまうのを避けたいのであれば、戻る可能性にかけるよりもいったん売却して、相場が落ち着いたらまた買い直すという対応も考えられます。

意味 狼狽

急な出来事に驚いて、どうしたらいいのか分からなくなる状況で使用しましょう。 オロオロ(驚きや悲しみなどの衝撃でうろたえるさま)• 非常に取り乱している状態ですが、見た目にそれが分ることもあれば、全く表情に出さないこともあります。 言葉の変化は時代と共に形を変えていく奥の深いものであることがわかりますね。

10
意味 狼狽

Contents• 「狼狽」の使い方 「狼狽」はあわてふためいてうろたえることを意味する言葉です。

18