ヴァルハラ レビュー クリード アサシン

シリーズ恒例の要素も面白く改善されている。 新しいプログレッションシステムはあまり役目を果たしておらずバグも非常に多いが、雰囲気のあるストーリーの中にはやるべきことや探索、発見することが驚くほどたくさんある。 そんなスキルもあります。

9
ヴァルハラ レビュー クリード アサシン

戦いは熱狂的で混沌としていて見た目には印象深いことが多いが、通常、完了するには整然とした作業のチェックリストが必要だ。

7
ヴァルハラ レビュー クリード アサシン

もちろんオープンワールドゲームらしくバグも多く、強制終了されたことも一度や二度ではありませんでしたが、本作は自動セーブの頻度が高くほとんど巻き戻しが発生しなかったため、あまり気にならなかった点もよかったです。 いくつか欠点もあり、バトルは相変わらず微妙だが、本作は最近のシリーズ作品の中でも初心者に優しい。 出典: シリーズお馴染みのビューポイント巡りや財宝探し、依頼クエスト、口論詩というラップバトルのようなミニゲームなどなど、メインストーリーから離れて寄り道してしまう要素が盛りだくさんです。

2
ヴァルハラ レビュー クリード アサシン

評価の分かれる点 大きな変化はない 「アサシン クリード ヴァルハラ」は手堅い進化を感じられる作品ではあるものの、 大きな進化は見られないと指摘する声もあります。

3
ヴァルハラ レビュー クリード アサシン

だが、イングランドの4つの王国に同盟の人脈を築くというエイヴォルの奮闘から、焦点がすっかり変わってしまうことはほとんどない。

ヴァルハラ レビュー クリード アサシン

シリーズ恒例の要素も面白く改善されている。

2