皮膚 科 東海林

標準治療を提供するにはある程度の高い技術力が必要であることがあります。

15
皮膚 科 東海林

制癌性は勿論、術後の排尿機 能や腎機能温存を大切にしています。 ご挨拶 日々進歩してゆく医療を患者さんに最大限還元するためには、高度な技術と豊富な知識そして医療人としての広い視野が現代の医師には求められています。 診療内容 泌尿器科では、尿路変更性器腫瘍に対するロボット支援手術を含めた腹腔鏡手術を中心に前立腺肥大症や 結石治療にも最先端の内視鏡治療に取り組んでおり良好な治療成績をあげています。

12
皮膚 科 東海林

良性および悪性腫瘍 『ねらい』 ・皮膚の構造と機能を理解する。 現在3名の泌尿器ロボット支援手術プロクターと7 名の泌尿器腹腔 鏡技術認定医を擁しています。

20
皮膚 科 東海林

この社会的ニーズを踏まえ、私たち東海大学泌尿器科では「最先端の技術と思いやりの診療」を基本方針として掲げ、日々の診療にあたっています。

11
皮膚 科 東海林

また、従来の腹腔鏡手術より傷が小さく、整容性も高い単孔式腹腔鏡 手術を副腎腫瘍、尿膜管膿瘍、ドナー腎採取術に取り入れています。 当科は、炎症性疾患(湿疹、アトピー性皮膚炎、水疱症等)でも、腫瘍性疾患(悪性の皮膚腫瘍、一般的には皮膚癌とよばれることが多いです)でも、標準治療を提供できるように技術を維持または向上に努めています。 たとえば、拘束性皮膚障害(Restrictive dermopathy)など極めて稀な疾患についても遺伝子診断を行います。

7
皮膚 科 東海林

さらに診察室内にカーテンルームを設け、患者さんのプライバシー保護に配慮しています。

3
皮膚 科 東海林

。 「標準治療」とは最も治る率の高い治療法のことです。 ・皮膚疾患の診断に必要な検査の意義、方法を理解する。

皮膚 科 東海林

当科は、各種の専門医認定研修施設に指定されており、それは、すでにその分野の専門医が揃っていることを意味します。 アトピー性皮膚炎 ・アトピー性皮膚炎患者の角層セラミドの解析 ・角層セラミド測定による皮膚バリア機能マーカーへの応用開発 ・角層セラミド解析および皮膚バリア機能測定による病態解明と新規治療法の開発 ・アトピー性皮膚炎の新規関連遺伝子の同定 3. 地域の病院機能の持つ役割分担から考えて、逆紹介を積極的に行っています。 医師の紹介 院長 増田 ( ますだ ) 愛一郎 ( あいいちろう ) 東海大学医学部1986年卒 ごあいさつ 東海大学付属病院、付属東京病院、付属大磯病院の勤務を経て、1998年4月より練馬総合病院泌尿器科部長、2001年7月より東海大学付属大磯病院の泌尿器科部長を務め、2005年より一般内科、創傷外科、東洋医学、神経ブロック、一般皮膚科、美容皮膚科、小児科など各分野の修練を行うと共に抗加齢医学・栄養学・スポーツ医学を学び、標榜科にとらわれない新しい形の診療を提案するためにあいクリニックを開院させて頂きました。

16