14 下剋上 話 本 の 好き

カンフェル 青色神官。 三年連続最優秀の成績を維持していたが、四年目はとある出来事から最優秀になれなかったことをエグランティーヌは惜しいと零している。

5
14 下剋上 話 本 の 好き

養父から祈念式で行った儀式が聖典とどう違うのか調べるよう命令される中、採取場所で行ったことを聞くため呼び出され聖典の問題にまで発展する。

7
14 下剋上 話 本 の 好き

そのため、幼くても女を武器にすることが当然と思っている。 妹のシャルロッテとお茶をしていると飛び込んできたヴィルフリートに中断されひと騒動となる。 グルトリスハイト グルトリスハイトは、英知の女神メスティオノーラが持つ最古の聖典であり、初代ツェントが書き写すことを許されたと伝えられるツェントの象徴である書物。

14 下剋上 話 本 の 好き

きりっとした意思の強そうな眉と深緑の目。

15
14 下剋上 話 本 の 好き

ディッター 騎士見習いの訓練のための競技。 旧ヴェローニカ派の粛清では、ヴィルフリートに名捧げを行った。 マインを説得する際にはその事についても「罰」だといって謝罪していたし、マインに貴族殺しをさせないためという心遣いが嬉しい。

3
14 下剋上 話 本 の 好き

素直でまっすぐな彼女がかわいいなあ。

4
14 下剋上 話 本 の 好き

神殿を構成するのは貴族の血を引く青色神官と元孤児である灰色神官だが、儀式を行えるのは魔力を持つ青色神官のみ。 飽和するほど魔力を流し込むと金粉化する。 エーレンフェストの神殿での冬籠りの際、年長者のノーラは適応できずにいたが、自分が知っている編み物を教えることで自身を取り戻すことができた。

13
14 下剋上 話 本 の 好き

側仕えとして身の回りの世話をいい使ってからのデリアは、まだまだ上から目線の言葉遣いではあるものの、以前とは比べ物にならないくらい気安い間になっていたように思う。 ローゼマインの3学年下にあたる。