は サーキュレーター と

切タイマーなどを使用すれば、外出中に部屋干しをしておくことも。

は サーキュレーター と

6cm• また、風を送れる範囲が広いのもこの製品の強みです。

10
は サーキュレーター と

広い部屋にもおすすめ• 衣類乾燥モード• ウイルス対策には、こまめな換気が大切! サーキュレーターを使えば素早く空気を入れ替えられます。 という場合は、サーキュレーターを部屋の隅に置き、対角にある天井の角に向けて風を届けます。

は サーキュレーター と

わが家はそこまで広くないので確認できませんが、商品説明によると 28m先まで風が届くとのこと。 風量を抑えると消費電力は半分以下になる 置き場所を工夫する 室内の空気を循環させることがサーキュレーターの利用目的です。

16
は サーキュレーター と

空気をかき回してくれるので、実際に快適な空間を作ってくるのですが、ボーッとその動きを見ているだけでも癒やされる! ちなみに 停止させたときは、必ず正面まで戻って止まってくれるところも気に入っているポイントです。 サーキュレーターの風が天井に当たるように角度を調節してみてください。 首振り機能の消費電力も実測 続いて、「首振り機能」をオンにして消費電力を計測してみました。

2
は サーキュレーター と

おすすめの壁掛けモデル• DCモーターを搭載しており、風量は10段階から細かく設定できるのもポイント。 同価格帯で、1万円以内でこれだけの広さに対応できるサーキュレーターはほとんどなく、非常に魅力的です。

16
は サーキュレーター と

結果は一目瞭然で、最も弱いモードと強いモードでは 消費電力に2倍以上の差があることが分かりました。 このように配置し、空気を循環させるだけで空気によどみがなくなり、窓を閉めた状態でも快適に過ごすことができました。 商品名• まずは、自分がどんな使い方をしたいか吟味してから、家電量販店・WEBショップで購入をしましょう。