一乗 憂

八月、某、月明かり• だから僕は音楽をやめたなどです。 彼が病院に入っていく姿をエルマが目撃したという記述が日記帳にはあります。 歌詞でも「眼を覚ます」と書いている。

一乗 憂

ちゃんと考察するのでアルバムのネタバレを含みます。

一乗 憂

あとは、物語の骨格にも井伏鱒二の「山椒魚」からの影響があります。 「エルマ」ではそれを受け取ったエルマがエイミーの訪れた場所を同じように訪れます。 与謝蕪村は、松尾芭蕉が残した作品に影響を受けて、芭蕉が辿った道をなぞるように日本中を旅している。

2
一乗 憂

歌詞にもラップランドやガムラスタンという現地の地名も出てきますが、そのことも最初から明確にあったんでしょうか? n-buna そうですね。 これは「詩書きとコーヒー」と対になっていて、「詩書きとコーヒー」は詩を書くエイミーの話で、「雨とカプチーノ」はそれを見ているエルマの話ですね。

一乗 憂

(中略) 包みを破って中から出てきたのは少し薄汚れた、妙な木箱だった。 エルマは決心をします。 八月、某、月明かり• エイミーという青年、そしてエルマという女性の物語です。

19
一乗 憂

だからこそ、これもシャッフルビートではあるんですけど、ジャジーながらも楽しげなピアノ主役の曲になっています。

16
一乗 憂

そこで「あ、もう国境を渡ったんだ」と気付く。 『人生って面白いな』って感じでした(笑)。

1