読み方 投網

これは、漁師が投網を打つように、相手の差し手を両手に持ちながら、外へ放り投げる技であることに由来する。

15
読み方 投網

徳島 0• ・太めの糸を選ぶと、より糸は切れにくいですが、ほんの少し沈むのが遅いです。

19
読み方 投網

徳島 0• 全国の投網• 丸められた投網 しかるべき技術を身に着けた者が投網を打つというのは、現象面から言えば、網裾が大きな面を捉える形で水平に広がって水面に落下するよう正しい動作で投擲することであり、そうやって打たれた投網は、状あるいは状に広がって水面に落下し、網石の重さで沈下するように作られている。 新潟 0• 糸が細いほど水の中で沈むのが早いので良く捕れますが、引っかかると糸も切れやすいです。 半目の4倍が魚の体周長(最も太いところ)よりも大きいと、魚が網目から逃げてしまいます。

11
読み方 投網

ワカサギ、稚鮎用 Mcn-4 1 26 節 6. 秋田 0• 5号~)とハサミがあれば、穴が開いた部分を修復できます。 佐賀 0• こんりゅう。 ・魚を出す際、石ころやゴミも必ず袋部から出しましょう。

4
読み方 投網

納得がいかないかもしれませんが、言葉の世界は規則が先にあるわけではありません。 投網の打ち方 [ ] 日本語の概念では、投網の打ち方は、まず、打つ場所によって2種類に大別される。 岩手 0• 1つ目は「徒歩(かち)で打つ」を意味する「 徒打ち(かちうち)」で、岸から打つ、または、水の中を歩いて移動しながら打つことを指す。

20
読み方 投網

岸辺や船上からがいると思われるに人の手で投げ入れて面で魚を獲るである。 上端部には 手綱(たづな)が付いていて、これを握って投網を打ち、手繰り寄せる。

6
読み方 投網

そのまま左手で網を持ち上げ、網がねじれていないことを確認したら、網の一番手前の部分をつまんでピンと張りながら左肘にかけます。 それ以外にも、水中の石や異物、木に引っ掛けたり、袋部に石ころを入れたまま投げると投網の糸が切れます。 歳時記は等においてそれ以外の日本語表現を否定するものではないが、傾向としての趣を好む。

13