猫 と 子猫 先住

また、猫は生まれ持った習性から必ず爪とぎをします。 。

11
猫 と 子猫 先住

飼い主さんがウイルスを媒介しないように注意! 猫どうしを直接接触させなくても、 飼い主さんが保護した子猫を触った手でそのまま先住猫を触ると、ウイルスをうつしてしまう恐れがあります。 この威嚇行動をやめさせるためには、事前に 新入り猫のにおいを含んだタオルなどを先住猫に嗅がせておき、慣れさせておくことがポイントとなります。 このお薬は、最寄りの獣医さんで購入できますし(取寄せの場合あり)、大きめのペット用品専門店などでも取り扱っていると思います。

2
猫 と 子猫 先住

そうすると、最初こそフーシャー言いますが、案外すぐに怒らなくなります。

7
猫 と 子猫 先住

でもどう考えても痛そうなのです…。 ケージは却って出てきたときにナワバリ荒らしの印象が出てしまうのではないで しょうか。 ケージ越しなら、猫どうしがケンカしても傷を負うことはありません。

3
猫 と 子猫 先住

また複数個用意しているのに使わない場合は、違うタイプのトイレ砂やトイレの形を試し、猫ごとに好みのトイレ環境にしましょう。 新入り猫が子猫の場合は、飼い主さんが遊ぶようにしましょう。

2
猫 と 子猫 先住

動画の猫たちは、追いかける方と追いかけられる方が一方的ではなく、追いかけっこをして遊んでいるようです。 先住・子猫ともに食欲が落ちたりした事はありません。 かかりつけの獣医の先生に、新入りが来ることを話したら「最初は新入りをケージにいれるか、部屋を別にするかして、相手の気配は感じるけど姿は見えないという形で鳴らす方が良いよ」と言われましたが、来た翌日には同じ部屋で遊ばせてました。