収穫 日本 量 果物

2位] - 183千本 120 a - 2016年度までの過去4年間の平均値 0. 1位] - 12,800千本 2,932 a - 2018年度までの過去15年間の平均値 0. 6位] - 53,586千本 6,083 a - 2018年度までの過去15年間の平均値 12. 生産量全国割合 年平均 生産量全国順位 最高 - 最低 [平均] 農作物 収穫量 年平均 出荷量 年平均 作付面積 年平均 10a当たり収量 年平均 備考 41. 9位] 1,743 t 1,452 t 2,283 ha 76 kg 2018年度までの過去13年間の平均値 7. 52位: 那覇市 (51,491g). 5位] 553 t 151 t 37 ha 1,465 kg 2016年度までの過去4年間の平均値 1. 35位: 鹿児島市(72,488g)• 8位] 7,406 t 3,813 t 264 ha 2,801 kg 2016年度までの過去11年間の平均値 0. 8位] 9,799 t 6,301 t 463 ha 2,114 kg 2018年度までの過去13年間の平均値 1. 家庭用の小さい樹木でも十分な量が収穫できるようなので、興味のある方は試してみては如何でしょうか。

収穫 日本 量 果物

10位: 和歌山市(80,529g)• 普通の樹木をそのまま栽培する方法と、樹高を低く保ち、沢山の樹木を育てる目的の、わい化栽培があり、それぞれの収穫量は異なるようです。 ha、t かんきつ名 栽培面積 24年産、ha 収穫量 24年産、t 主な産地道県 なつみかん 2,023. 5位] 25 t 17 t 2 ha 960 kg 2016年度までの過去4年間の平均値 0. 8位] 852 t 393 t 153 ha 547 kg 2018年度までの過去13年間の平均値 0. 8位] 311 t 66 t 53 ha 581 kg 2016年度までの過去4年間の平均値 0. 2位] 322 t 204 t 25 ha 1,280 kg 2018年度までの過去13年間の平均値 1. 2位] - 114千本 146 a - 2016年度までの過去5年間の平均値 0. 2位] 4 t 3 t - 1,367 kg 2016年度までの過去4年間の平均値 0. 5位] - 377千本 39 a - 2007年度までの過去2年間の平均値 0. 2位] 419 t 315 t 46 ha 902 kg 2016年度までの過去6年間の平均値 0. 生産量全国割合 年平均 生産量全国順位 最高 - 最低 [平均] 農作物 収穫量 年平均 出荷量 年平均 作付面積 年平均 10a当たり収量 年平均 備考 64. 5位] - 58千本 31 a - 2016年度までの過去2年間の平均値 1. 4位] - 5,904千本 771 a - 2016年度までの過去5年間の平均値 1. 2位] 274 t 162 t 32 ha 827 kg 2016年度までの過去4年間の平均値 0. 5位] 304 t 276 t 7 ha 3,895 kg 2016年度までの過去4年間の平均値 2. 3位] - 18,600千本 1,941 a - 2018年度までの過去15年間の平均値 5. 25位: さいたま市(76,342g)• 5位] 221 t 131 t 16 ha 1,390 kg 2016年度までの過去4年間の平均値 0. 「ぶどう(葡萄,ブドウ)」 を 生産・販売されている 農家様へ [ジャパンクロップス]では、日本で「ぶどう」を生産・販売されている農家様を募集しております。 6位] - 1,044千本 374 a - 2016年度までの過去5年間の平均値 5. 1位] - 5,532千本 2,770 a - 2018年度までの過去15年間の平均値 1. 3位] 8,113 t 6,809 t 171 ha 4,723 kg 2018年度までの過去13年間の平均値 0. まとめ 最近では庭に1本、通常のわい化栽培よりもさらにコンパクト化されている品種を使って、個人でりんご栽培を楽しんでいる方もいらっしゃるようです。

7
収穫 日本 量 果物

13位: 松山市(79,977g)• 3位] 1,365 t 1,088 t 84 ha 1,598 kg 2016年度までの過去11年間の平均値. 42位: 金沢市(67,892g)• 9位] - 8,148千本 21,586 a - 2018年度までの過去15年間の平均値 0. 24位: 浜松市(76,554g)• 1位] - 663千本 354 a - 2016年度までの過去13年間の平均値 1. わい化栽培で育てられたりんごの木からは、1本100個程度の収穫が見込まれるそうです。

14
収穫 日本 量 果物

38位: 山口市(70,687g)• 3位] - 294千本 171 a - 2016年度までの過去3年間の平均値 1. また、野菜の名前を クリックすると、各都道府県ごとの割合(シェア)がわかるページに移動します。 同じ果樹の桃の生産量と比較すると、その数なんと5倍以上! この事から、りんごの日本国内における収穫量は、かなり多い果樹と言えるでしょう。 6%です。

2
収穫 日本 量 果物

5位] 2 t 2 t - 1,100 kg 2016年度までの過去2年間の平均値 0. 36位: 佐賀市(72,150g)• 13位:オレンジ(1,332g)• 2位] 4,558 t 3,866 t 196 ha 2,396 kg 2018年度までの過去13年間の平均値 2. スポンサードリンク わい化栽培は省エネ? 通常栽培よりも面積あたりの収穫量が多いわい化栽培は、土地が少ない日本向けとして広がって行きましたが、10年程度で樹高の成長を抑えきれなくなったり、小さいため台風などの被害を受けやすいことから、栽培場所によっては向き・不向きがあるようです。 7位] 5,336 t - 1,839 ha - 2018年度までの過去13年間の平均値 0. 7位] - 491千本 61 a - 2010年度までの過去3年間の平均値 0. 長女が研究発表の題材を何にするか検討中だったので、「一緒に調べるか?」と提案したところ長女も快諾。 1位] 4,220 t 979 t 320 ha 1,303 kg 2016年度までの過去11年間の平均値 0. 8位] 10,213 t 7,936 t 287 ha 3,539 kg 2018年度までの過去13年間の平均値 1. 1位] 7,446 t 5,070 t 385 ha 1,921 kg 2018年度までの過去13年間の平均値 5. 1位: 福島市 (92,668g)• 5位] 18,730 t 9,602 t 528 ha 3,533 kg 2018年度までの過去13年間の平均値 1. 12位:メロン(1,801g)• 43位: 福岡市 (66,829g)• 16位: 広島市(78,261g)• みょうがの順位は1位。

5
収穫 日本 量 果物

32位: 相模原市(74,552g)• 6位] 1,359 t 1,193 t 146 ha 922 kg 2018年度までの過去13年間の平均値 0. 8位] - 267千本 208 a - 2013年度までの過去4年間の平均値 0.。 くだもの名、事項名をクリックすると図表が表示されます。 2位] 547 t 439 t 34 ha 1,592 kg 2016年度までの過去4年間の平均値 0. 8位] 1,636 t 1,471 t 39 ha 4,103 kg 2018年度までの過去13年間の平均値 0. 3位] 6,082 t 4,586 t 1,489 ha 408 kg 2018年度までの過去13年間の平均値 5. 2位] 112 t 38 t 8 ha 1,327 kg 2016年度までの過去4年間の平均値 0. 8位:柿(2,440g)• 運営事務局では、日本で生産された農作物の「ぶどう」に関して、国内外の多くの消費者の方に興味をもっていただけるよう、今後も農作物や農業に関する様々な情報を追加していく予定です。

1
収穫 日本 量 果物

22位: 松江市(76,867g)• 4位] - 241千本 329 a - 2016年度までの過去5年間の平均値 0. 2位:りんご(10,363g)• 7位] 1,454 t 1,197 t 338 ha 429 kg 2018年度までの過去11年間の平均値 3. 8位] 1,516 t 1,236 t 115 ha 1,301 kg 2016年度までの過去11年間の平均値 0. 1世帯当たり年間くだもの購入数量 平成26年、kg みかん りんご なし ぶどう かき もも 生鮮果物計 全国平均 13. 8位] 102 t 77 t 11 ha 943 kg 2016年度までの過去4年間の平均値 0. なお、イチジク及びマンゴーの 内は収穫量の全国シェア。 ただし、りんご、みかん、ぶどう、日本なし、もも、かき、オウトウ、うめ、キウイフルーツ、くり、すもも、西洋なし、びわ、パインアップル以外は栽培面積。 全国の人口に占める割合は約0. または、ご質問や、ご確認事項、もう少し詳細を知りたい方は、[ジャパンクロップス]のよりお気軽にご連絡ください。

8
収穫 日本 量 果物

8位] 281 t 215 t 38 ha 734 kg 2018年度までの過去11年間の平均値 0. 6位: 奈良市 (84,224g)• 8位] 2,466 t 2,200 t 217 ha 1,152 kg 2018年度までの過去13年間の平均値 12. (2)わい化栽培 土地が狭い日本向けに考えられた栽培方法のひとつと言われており、2~3m程度に樹高を抑えて栽培することで、小さい土地に沢山の樹木を受けることができる栽培です。 8位] 1,225 t 1,145 t 163 ha 748 kg 2018年度までの過去13年間の平均値 1. 5位] 326 t 280 t 54 ha 574 kg 2018年度までの過去13年間の平均値 7. 公式フェイスブックページ. 4位] - 5,106千本 1,035 a - 2018年度までの過去15年間の平均値 1. 1位] - 5,841千本 2,958 a - 2018年度までの過去7年間の平均値 11. 5位] - 1,710千本 938 a - 2016年度までの過去13年間の平均値 0. 5 広島、愛媛 出所:農林水産省生産局「平成24年産特産果樹生産動態等調査」から引用した。 8位] 90 t 75 t 17 ha 524 kg 2018年度までの過去12年間の平均値 0. 「ぶどう」の産地(都道府県)の一般情報に関しては、次に記載の "「ぶどう」の産地(都道府県)に関する一般情報" をご覧ください。