正吉 国 から 北 の

テレビ大賞受賞作品。 多くのスタッフが定年の60歳を過ぎ、 この先、同じクオリティーで作り続けることは 困難であると判断されたからだ。

4
正吉 国 から 北 の

出ていった結を純は狂ったように探すも行方は分からなかった。

1
正吉 国 から 北 の

純は埼玉でごみ処理を行っていたが正吉の死にショックを受け福島で瓦礫の整理 ママ に従事している。 最初の家は戦後すぐに立てられた五郎が育った家で五郎の母屋が死んでからしばらく放置していた。 今回のストーリーは そのことを前提として作られたわけだが、 この正吉の不在、 そして最終章であることから 作品に何らかの区切りをつけなくてはいけないことが、 ストーリーをやや緩慢にしてしまったと思う。

11
正吉 国 から 北 の

五郎には父親の感情を抱いており、盆暮れには必ず顔を出している。 連続シリーズの終盤で家族揃って渡米してしまい、その後は純と会うことはなかった。 純と蛍からは「 雪子おばさん」と呼ばれており、懐かれている。

正吉 国 から 北 の

700万の借金をこさえた時もみんなが協力して農協でお金を借りてくれ、土地は手放さなくて済んだと思うのですが。

13
正吉 国 から 北 の

また最終回放送日には各新聞朝刊にお礼広告を出稿。

1
正吉 国 から 北 の

蛍が働いていた北部大附属病院の看護婦長。 五郎が背負った借金の解決策を決めて報告に訪れる。 れいは富良野の町の中学に通っているので、これまで知らなかったのだ。

1
正吉 国 から 北 の

雪子おばさんはこのスペシャルで離婚し、富良野に住むことに。 元々はチン太と付き合っていた。 (映画. 本作の。

2