税額 一覧 表 印紙

課税文書かどうかの確認方法 一覧表を見ても課税文書かどうかが判断できない場合は最寄りの税務署へ 文書を持参して相談が必要です。 割印がないと正式に納税していることにならないので、印鑑やサインを忘れないようにしましょう。 社債券には、特別の法律により法人の発行する及び相互会社の社債券を含みます。

16
税額 一覧 表 印紙

一部の銀行では、当該非課税枠拡大により、3万円ではなく5万円から手数料引き上げを行っている銀行もあります。 消費税額ははっきりと記載しよう 記載金額と消費税を区別するためには『消費税を明確に記載する』必要があります。

20
税額 一覧 表 印紙

また、例3、例4の場合、消費税等の50万円は記載金額に含まれるので、請負契約書の記載金額は1050万円となり、印紙税の額は1万5000円となります。 記載された契約金額が 100万円を超え200万円以下 200円 200万円を超え300万円以下 500円 300万円を超え500万円以下 1千円 500万円を超え1千万円以下 5千円 1千万円を超え5千万円以下 1万円 5千万円を超え1億円以下 3万円 1億円を超え5億円以下 6万円 5億円を超え10億円以下 16万円 10億円を超え50億円以下 32万円 50億円を超えるもの 48万円 3 [約束手形又は為替手形] 注 1 手形金額の記載のない手形は非課税となりますが、金額を補充したときは、その補充をした人がその手形を作成したものとみなされ、納税義務者となります。

11
税額 一覧 表 印紙

(非課税文書:1.日本銀行その他特定の法人の作成する出資証券2.譲渡が禁止されている特定の受益証券3.一定の要件を満たしている額面株式の株券の無効手続に伴い新たに作成する株券) 注 は、国税庁ホームページからダウンロードできます。

1
税額 一覧 表 印紙

詳しくは、、をご覧ください。

3
税額 一覧 表 印紙

手持ちの印紙を売った場合(相手先に印紙の持ち合わせがなく、こちらが持っている印紙を売り渡す場合等)は、非課税売上ではなく、課税売上として処理する必要がありますが、顧客や外交員の利便のために実費で印紙を融通する行為は、単なる立替えであり、不課税取引となります。

7
税額 一覧 表 印紙

収入印紙を貼らなければ3倍の過怠税 他の税金と同様に、印紙税の納税を免れようとした場合には罰則があります。 記載された手形金額が 10万円未満 非課税 100万円以下 200円 100万円を超え200万円以下 400円 200万円を超え300万円以下 600円 300万円を超え500万円以下 1千円 500万円を超え1千万円以下 2千円 1千万円を超え2千万円以下 4千円 2千万円を超え3千万円以下 6千円 3千万円を超え5千万円以下 1万円 5千万円を超え1億円以下 2万円 1億円を超え2億円以下 4万円 2億円を超え3億円以下 6万円 3億円を超え5億円以下 10万円 5億円を超え10億円以下 15万円 10億円を超えるもの 20万円 上記のうち、• 注 3 右表の軽減措置は、建設業法第2条第1項に規定する「建設工事の請負に係る契約に基づき作成されるもの」のみ適用となります。

税額 一覧 表 印紙

土地活用や、賃貸マンション経営をお考えの方、ぜひお役立て下さい。 印紙税額は第1号文書から第20号文書までの20種類に分かれています。 なお、建設工事の請負に係る契約に基づき作成される契約書であれば、その契約書に建設工事以外の請負に係る事項が併記されていても軽減措置の対象となります。

10