思想 優性

當時的老師認為,沒有因由地想到答案,會打擊有序的思考模式,並養成學生尋求僥倖的心態。 そのひとつの典型例がナチスであったというにすぎない。 優秀か否かを国が選別し、劣っている人を、国を挙げて差別するというのはとても恐ろしいことです。

思想 優性

あるいは「もし自分の先天的障害がもっと重いものであったならば、私はこの世に生まれてこなかったであろう」。

6
思想 優性

誰かに対する「生産性がない」といった切り捨てる言葉は、こうした社会のあり方と裏表一体に思えます。 すると、誰でもなんとか自分だけは生き残りたいと思うだろう。 ところが二つ目の選択肢は、あくまでも優生思想のゲームの上で勝負をしていこう、そして自分よりもより弱い立場に置かれていると本人が思っている人たちを、ある種排除することによって相対的な優位性を示していこう、というもの。

15
思想 優性

そうではなく、匿名を選ばせしめた社会というものが問われているのだと、ここを見誤ってはいけないと思います。 このような批判は、この社会のメインストリームを構成する健全者の内部に潜む、いわゆる「内なる優生思想」批判という形を取るようになる。 大事なのは優秀な種子ではなく、多様な種子であり、優秀な人たちではなく、すべての多様な人たちなのだ。

9
思想 優性

參考來源 [ ] 書目• 新手無需用到指針管理、內存管理、線程管理,直接用stl的vector或MFC的CArray分配空間。

14
思想 優性

こういう考え方を、「医学モデル」ではなく、「社会モデル」といいます。 病気にならないように、感染予防をしたり、健康の自己管理をしたりすることも含まれるであろう。 (もちろん私は、だから中絶を女性の権利として認めてはならないと言っているのではない。

17
思想 優性

母体保護法の第一条は、次のようになった。 つまり、選ばれた人たちと、その人たちが選んだ種だけを守ろうという発想だ。 その統計は出ていないが、アンケート調査での回答と、実際にその事態に遭遇した場合の決断は、ずれてくることが予想される)。

2
思想 優性

二つの選択肢のどちらを選ぶのか。

9
思想 優性

確かに、人間が生きるためには他の命をいただく必要もあるけれども、その命をも絶やさないように守ることもまた私たち人間の責務でもあり、それでこそ私たち人間の命も守られるのだ。 ただ、ここでも若干注意が必要なのは、「自分の子どもが重い障害をもっていた場合は中絶するが、他人が障害胎児を妊娠した場合には口を出さない」という個人主義的な障害胎児抹殺の思想と、「そもそも障害胎児は(病気の遺伝を受け継いでいるから)すべて中絶したほうがみんなのためになる」という社会防衛的な障害胎児抹殺の思想とは、区別しておいたほうがよいということである。 「内なる優生思想」批判に対する反論がある。