進数 2

文字の表現 コンピュータでは、数値のほかに文字も扱うことができますが、「0」と「1」のビット列のデータしか扱えないため、文字も「0」と「1」で記憶する必要があります。 00000000、のようになります。

5
進数 2

これは10進数表現での2となります。 これが関数電卓の画面です。

2
進数 2

16進数では、余りが10や15になるときがありますが、この場合 10ならA、15ならFになります。

16
進数 2

符号付き整数は、 正負両方の数値を表現する方法です。 この 我々が普段使っている数の表現を「10進数」といいます。

4
進数 2

これを16で割っていき16進数にします。

進数 2

2進数の値の連なりとして表現されたデータ形式を「」(binary)という。 2進法というのは「0」と「1」の2つの数字だけで、すべての数をあらわす方法です。 2進数と4進数を比べると00,01,10,11が0,1,2,3の様に2進数の2桁分が4進数1桁に対応することがわかります。

14
進数 2

出た数字をすべて足したものが、10進数の数字になります。 では解いてみましょう。

9