に 載せる 俎上

すぐに対策をまとめるべく、会議が実施されたケースです。 「俎上に載せる」の言葉の使い方 「俎上に載せる」は以下の様なポイントがあります。 近代建築のように様式という縛りがなくなり、すべての空間構成要素は等価となり、べつの空間構成言語として外部空間は意識されると、近代建築のフィルターをとおして日本の伝統的空間対する理解を深めていったモダニストの建築では外部空間の重要性に気付き、これを自らの空間表現の俎上に載せたのである。

7
に 載せる 俎上

この難しい局面を打開するために周辺諸国の協力が必要だが、比較的マレーシアがロヒンギャの流出に同情的なのに対し、タイ、バングラデシュ、インドネシアなどは、国連やNGOの批判に取り合わず、ロヒンギャの正規受け入れを拒否し続けている。 たとえば、「放送を電波に乗せる」「売り上げ目標を大台に乗せる」「紙ヒコーキを風に乗せる」といった使い方をします。 「載せる」は、 元々「 戴冠(たいかん)」という言葉から来ています。

1
に 載せる 俎上

たとえば、 「掲載」「記載」「積載」「搭載」など。 これも「人」であり、「乗せる」を使うのですが、乗り物ではないことがポイントですね。

18
に 載せる 俎上

感情を 乗せて歌う。

9
に 載せる 俎上

> 1.「~をもとに」という語感が「~を元に戻す」といった語感になるため、「元」の漢字を想定されたのだと思われます。

17
に 載せる 俎上

使い分けのポイントについても知りたいところです。 … 乾くるみ『イニシエーション・ラブ』 より引用• 西尾維新『悲惨伝』 より引用• それまで棚上げされていた議題や課題にフォーカスを当てて、ピックアップし議論することで、新たな価値を見つけたり、欠点を明確にして、トータル的な解決策を立案するような場面で使われることがあります。

11
に 載せる 俎上

「載せる」を 「乗せる」と書き間違わない様にしましょう。

20
に 載せる 俎上

ただし、この場合の 「まな板」は、会議の席などを意味します。 簡単に言うと、積極的に変えようとするのが左派で、変わらないように規制するのが右派です。