労働省 告示 厚生

以下同じ。

12
労働省 告示 厚生

ただし、当該夜勤を行う職員の勤務条件に関する基準を満たさない場合は、所定単位数から25単位を控除して得た単位数を算定する。

労働省 告示 厚生

注 病院、診療所、介護老人保健施設又は介護医療院に入院中又は入所中の者が退院又は退所するに当たり、指定訪問看護ステーションの看護師等 准看護師を除く。 労働安全衛生マネジメントシステム 1 「労働安全衛生マネジメントシステム」(OSHMS)とは OSHMSは、事業者が労働者の協力の下に「計画(Plan)-実施(Do)-評価(Check)-改善(Act)」(「PDCAサイクル」といわれます)という一連の過程を定めて、継続的な安全衛生管理を自主的に進めることにより、労働災害の防止と労働者の健康増進、さらに進んで快適な職場環境を形成し、事業場の安全衛生水準の向上を図ることを目的とした安全衛生管理の仕組みです。

2
労働省 告示 厚生

、指定通所リハビリテーション事業所 指定居宅サービス基準第1項に規定する指定通所リハビリテーション事業所をいう。

労働省 告示 厚生

以下同じ。 [3]労働者の意見を反映させる(第6条) 4 OSHMS実施の効果 厚生労働省が平成16年2月に発表した「」 (都道府県労働局を通じての労働者数300人以上の約2,000の事業場が対象)によると、総括安全衛生管理者の見解(自由記入欄)において、労働安全衛生マネジメントシステムを運用、構築中、あるいは、設備・作業の危険有害要因のリスク評価を実施している事業場は、これらの取り組みを実施していない事業場に比べて、災害発生率(年千人率)が3割以上低いという結果が出ています(図2参照)。 特定施設入居者生活介護費の注5及び注7において同じ。

4
労働省 告示 厚生

業務体制の整備など、職場における妊娠・出産等に関するハラスメントの原因や背景となる要因を解消するために必要な措置を講ずること これらの措置は、業種・規模に関わらず、すべての事業主に義務付けられています。

14