意 下達 読み方 上

「鋭」は、音読みで「えい」訓読みで「するどい」と読みます。

18
意 下達 読み方 上

簡単に言い表すと、「精一杯」というようなニュアンスです。 組織としての意思決定が組織の末端まで迅速に伝わり、全体が同じ方向に動き出すための手段でスピード感を実感できます。 この言葉は「上意下達(じょういかたつ)」と「上位下達(じょういかたつ)」で読み方は同じですが、組織の「上位」の人をイメージした間違えた使い方ですが、上意の(意)は意見・意向の意味合いを考えて表記間違いをしないようにしましょう。

意 下達 読み方 上

組織がトップダウン型で上手く作用しているという場合、トップと現場の強固な信頼関係が築きあがっています。 例文 「これから、鋭意努めさせていただきますのでよろしくお願いいたします」 「商品の満足度を高める為、より一層鋭意努めさせていただきます」 「少しでも早く仕事に慣れるよう鋭意努めさせていただきます」 「鋭意フォローします」で「力を尽くして支援します」ということ 「鋭意フォローします」は「 力を尽くして支援します」という意味です。

14
意 下達 読み方 上

個人が権力を持つ上意下達のシステムを持たないのである。 時代劇などで幕府や役人を指して「お上 かみ 」というように、「上」という漢字には「高い地位の人」という意味があります。 … 小川一水『原案・田中芳樹 灼熱の竜騎兵シェアードワールズ レインボウ・プラネット』 より引用• その際は、少数精鋭で十分な成果や効果を得られます。

12
意 下達 読み方 上

物理的に上に存在することを表します。

14
意 下達 読み方 上

現場の不満は顧客の不満へと直結する可能性があるので、トップの判断で良くも悪くも会社に影響を与え、最悪のケースではリスクを抱えることもあります。

意 下達 読み方 上

戦争という極限状況では軍隊という 上意下達 じょういかたつがはっきりとした組織が必要なように。 「意」は、音読みで「い」と読みます。