書 学歴 書き方 履歴 の

どのような環境で教育を受け、何を専攻していたのか 採用担当者は、毎年多くの学生を見てきているので、私たちが想像している以上に多くの情報を入手して、判断材料にします。 修正ペン・修正テープを使っていないか 履歴書には修正ペンや修正テープを使用してはいけません。

書 学歴 書き方 履歴 の

悪い印象を与えないように、家庭の事情など差支えない理由であれば、1行下に簡潔に説明を添えましょう。

8
書 学歴 書き方 履歴 の

必ず記入しましょう。 また、横書きの書類に関しては、日付の数字は漢数字ではなく「123」のアラビア数字を使います。

7
書 学歴 書き方 履歴 の

自分の場合はどのように記載すべきなのかを理解し、正しい学歴欄の書き方を身につけておきましょう。 予備校や浪人、留年は記入しない 学歴に記入しない• 配属先、部署異動や昇進も記入 『神戸支店 第1営業部 営業1課に配属』のように配属先も記入します。

7
書 学歴 書き方 履歴 の

履歴書の種類によっては「ゼミナールの研究課題」の欄があり、大学での研究のテーマやその成果について書きます。 卒業年の西暦はわかるけれど元号がわからない、などの場合に便利です。 ここからは、目的に合わせた学歴の書き方をご紹介します。

9
書 学歴 書き方 履歴 の

例えば経済学部で入学し、そのまま卒業した場合は「経済学部 卒業見込み」となりますが、途中で法学部に変わった場合は、最終学歴は「法学部 卒業見込み」です。

書 学歴 書き方 履歴 の

・他に勉強したいことや別の目標ができた場合 ・今の学業とは別のやりたいことが見つかった ・海外に留学して英語や挑戦したいことがあった ・早く社会に出て働きたかった 上記のような理由があった場合は、 自分がスキルアップしたことまで書くとアピールすることができます。

12
書 学歴 書き方 履歴 の

年収600万円以上の人向き!優秀なヘッドハンター多数在籍!• 結論から言うと、履歴書の学歴欄には新旧どちらの名称も書くのが正解です。 まとめ 履歴書に「以上」を書く位置は、学歴・職歴欄の最後の職歴の次の行の右端となります。

3