が の 違う 色 猫 の 目 左右

品種に関係なく、白猫の割合が多いでしょう。 オッドアイの白猫を飼ったからと言って自動的に幸運になれるわけではありませんので悪しからず。 これらの猫は奥行き認識が通常の猫より劣りますので、落下や衝突といった事故には十分注意する必要があります。

4
が の 違う 色 猫 の 目 左右

ただしオッドアイの場合、聴覚障害を持つ場合も多いようです。

8
が の 違う 色 猫 の 目 左右

しかしアルビノ猫やでは視交叉を通過する視神経の数が少なく、また神経が誤った方向に向かいます。

が の 違う 色 猫 の 目 左右

詳細は「」をご覧ください。

12
が の 違う 色 猫 の 目 左右

しかしこのような白猫の遺伝子を持っている場合で、何らかの原因により片目だけの色素のみが薄くなってしまう場合があります。 それぞれの複雑な原因が重なって生まれるオッドアイ。

18
が の 違う 色 猫 の 目 左右

生後2カ月を過ぎたころから、メラニン色素が少しづつ増えていき キトンブルーから目の色が変化していくのです。 この能力は薄暗い中で小動物を捕獲して生き残ってきた猫の祖先(リビヤヤマネコ)から受け継いだものでしょう。

が の 違う 色 猫 の 目 左右

人間で言うと、アジア人に多い黒目にあたります。

5