モード 現象 ダイポール

インド洋東部熱帯域で南東貿易風が強まると、東風によって高温の海水が西側へ移動、また深海からの冷たい湧昇 ゆうしょう や海面からの蒸発によって海水温が低下する。

15
モード 現象 ダイポール

これからも異常気象や地球温暖化のニュースに注目し続けよう。 この現象が発生すると、日本の夏は低温で多雨、日照不足となりやすく、冬は暖冬になる傾向がある。 「ダイポールモード現象」とは何か 「ダイポールモード現象」とは、インド洋で発生するもので、大気と海洋が関わってインド洋西部の海水温度が上昇する自然現象のことです。

15
モード 現象 ダイポール

エルニーニョ現象が発生すると、熱帯太平洋の東部で海面水温が平年より高く、西部で海面水温が低くなります。

モード 現象 ダイポール

2006年にダイポールモード現象が招いた異常気象、自然災害、健康問題。

16
モード 現象 ダイポール

Takemura and Shimpo 2019 が指摘するフィリピンの東の積雲対流活発域からの寄与と、Guan and Yamagata 2003 が指摘する亜熱帯ジェット気流沿いの波束伝播を伴う寄与を組み合わせて示しているが、ここで示す積雲対流活動等のおおよその位置は、両者の論文における分布とは必ずしも一致しないことに留意。 さらに、流された海面近くの水を補うように、深海から冷たい水が上昇してくることなどによって低温となります。

20
モード 現象 ダイポール

図2はエルニーニョ現象が発生していない時期に正のインド洋ダイポールモード現象が発生した年の晩夏から初秋にかけての海面水温と大気下層の高低気圧性循環の平年からの偏りを示したもので、インド洋熱帯域における海面水温の東西コントラストが明瞭です。