賞 坊ちゃん 文学

『謎とき・坊っちゃん 夏目漱石が本当に伝えたかったこと』飛鳥新社、2004年7月。 文章における推敲は練習です。 (ちなみに私はこれまでずっと 2 の方法をとってきました) どうか教えてください。

16
賞 坊ちゃん 文学

プロの作家でさえ何度も書き出しを考えて書き直しているくらいですから、素人は最低でも10回は書き出しを書き直すべきと思います。 何だか水晶の珠を香水で暖ためて、掌へ握ってみたような心持ちがした」 実にユーモア小説らしい比喩ではないでしょうか。 ドラマ版に出演したも「あの名作『坊っちゃん』が百年の時の壁を超えて現代に甦ったか」と文庫版に書評を寄せている。

賞 坊ちゃん 文学

製のを用いる(第十一章)。

賞 坊ちゃん 文学

ショートショートの文学賞にリニューアルした第16回は、全国47都道府県に加えて海外からも作品が寄せられ、応募作品数が5,628点とこれまでと比べて約5倍になり、過去最高の応募数となりました。 「お待ちしておりました。

3
賞 坊ちゃん 文学

審査員は椎名誠氏(審査員長)、早坂暁氏、景山民夫氏、中沢新一氏、高橋源一郎氏の5名で開始しました。 ミステリーか時代小説かSFか この三つのジャンルは応募者が少ないせいか、最終候補作に残ったことはありますが、大賞を受賞したことはありません。

20
賞 坊ちゃん 文学

じゃあ最後の1つにはどんな思い出が宿っているのだろう。

16
賞 坊ちゃん 文学

事なかれ主義の優柔不断な人物。

賞 坊ちゃん 文学

この時に筋を通す処分を主張したのは、仲違い中の山嵐だった。 さらに言えば、「~のような」「~という」はできるだけ減らすようにするといいでしょう。

11