保護 コロナ 生活

社会福祉の観点からだけでなく、感染防止対策としても生活困窮者の救済措置は、今すぐやらなければならない。 10月13日、そのうちの一人・Bさん(41歳男性)の面談に同席した。

保護 コロナ 生活

この間、柔軟で多様な働き方として、非正規雇用が増加するとともに、フリーランスの推進が働き方改革のもとで謳われてきた。 よって、緊急事態宣言終了後も このような柔軟な対応をする地方公共団体は あるかと思います。 また、受給するためには厳しい要件をクリアしなければならず、生活に困って役所の窓口に行っても、なかなか受給を認められない。

11
保護 コロナ 生活

その日のうちに返信があり、5月5日には同ファンドの支援協力者である区議会議員と会った。 仕方なく役所に行くと、「自立支援センター」のようなところを紹介すると言われたが、「東京から来て3日で、熱が37度以上ある人とは会えません」と施設の人に言われてしまう。 向こう数年、生活保護へのニーズが減ることはなく、生活保護費は国と地方の財政に対する一定の負担でありつづけるだろう。

3
保護 コロナ 生活

共産党に相談する Twitterでは「共産党に相談するのもOK」とのことです。 コロナ禍の中、厚労省は生活保護に関して、迅速に保護を始めるように通知を出している。 6%増えています。

7
保護 コロナ 生活

失業率が1%上昇すると数千人規模で自殺者が増えるという過去のデータもあるし、リーマンショックが起きた2008年の翌年1年間だけで生活苦による自殺者が少なくとも2800人出た。 それにもかかわらず、行政が「水際作戦」を続けるならば、餓死・孤独死で多くの命が奪われかねない。

保護 コロナ 生活

しかし、コロナの影響で仕事がなくなる。 持ち家や賃貸アパートなど、 いま住まいがある人は、住んでいる自治体に申請に行きます。 予見も対策も可能だったという面から見れば、まぎれもない人災である。

4
保護 コロナ 生活

生活保護の不正受給が過大に報道されて、不正受給撲滅のためという大義名分で水際作戦が採られるようになりました。 労働者に限らず自営業者、フリーランスで働いている個人事業主などでも収入が途絶えているケースが少なくなく、日々の生活への影響は深刻だ。

9